ハリー姫の館

夢見るビーグル犬

ハリーの夢って何や?、の突然の質問に・・・・・?。

image

あたしが一日の日課(散歩と食事)を終えて、
ソファーの上でリラックスしてるときに、
突然にご主人様が質問してきた。

ご主人様:「ハリーの夢って何や?」

ハリー:「・・・・」

だってそんなこと言われても・・・

夢・・・?

夢って言っても・・・そやな~

体重減らしたい、とか・・・
足がもっと長かったらイイ、とか・・・
くびれた体型になりたい、とか・・・
カッコイイ彼氏が欲しい、とか・・・
乳首が左右均等になりたい、とか・・・
(実は右6個、左5個の現実・・・内緒やで)
爪切りのない世界に行きたい、とか・・・
自分の子供を見てみたい、とか・・・

エッ?、2つだけやて?

image

頭使こたら眠たなってきた・・・

image

2つだけって言われても・・・
ムニャムニャ・・・

そんなこと言われても・・・
スースー・・・

選べって言われても・・・

グーグー・・・
ガーガー・・・

ここは天国や~・・・

image

「ハリー、ハリー、ハリー・・・」
あっご主人様の声や!

「ハリー、腹いっぱいご飯食べや~。」
「ドッグフードみたいなまずいもの食わんでエエ。
ほら、肉食べや。魚も食べや。ミルクも飲みや」
「ソーセージ抱いてねるか?」
・・・ウソやろ~。

またまた、ご主人様の声・・・
「お前はカワイイ奴や。スマートや。」
「奇麗な服、着せたろ。化粧もするか?
美白か?、ガン黒か?」
・・・・。

ご主人様、もう食べれません・・・
ムニャムニャ・・・。

image

image

仕切り線

思い出

ハリーは、本当に気持ちよさそうに寝ました。(笑)
また寝るときに、布団が重ねてあったら、必ず
一番高いところまで登って、寝てたな~。
その癖は、誰の家に行っても一緒で、ヒヤヒヤ(汗)

そのうえ、人並み以上のガーガーのイビキ・・・
ある意味、あっぱれなビーグル犬でした。立派!

image