ハリー姫の館

出逢った頃のハリー

image

名前:ハリー


そうなんです。姫なのにハリーなんて、
娘に虎蔵って名前つけるようなもの。
ただ、ご主人がこの名前が好きだった
という理由で・・・あんまりです


image
私がここに来た頃のスナップ
それはもうこの世の生き物とは思えないくら
いに、可愛い可愛いカワイイ娘でした。

写真の様に、たとえソファーの上でお漏らし
した程度で叱られるような心の狭いご主人様
でなかったのも良かった、よかった?

image

小さい頃は、今では考えられないほどに
食欲がなく、ご主人様を心配させ・・・

その反動があとになって・・・
あまりのすこやかな成長で
妊娠中?と、散歩の時に尋ね
られる程!ググッ。
あとのページ見ないで

image

あと、あとちょっと・・・

うちのご主人様は
こんな意地悪するんです。
image

image

あなたがママって本当?

image

ママ!背中から テ、テ、ティッシュが!?

image

どうも変だな~。

image

そんな訳ないやろ。
ご主人様がまたウソついたな!

image

コラ!ご主人様!
私のママはティッシュ入れか!

image

仕切り線

思い出

ハリーが初めてうちに来たときは、

それはもう・・・準備で大変でした。

お店のすすめで、写真のような

ダンボールで家を作り、寂しくない

ように、透明フィルムを張って、

トイレ用に、靴の箱を入れて・・・

 

 

image image
image

image

image

 

生後40日目ということもあって、

ちっちゃい、ちっちゃい・・・

ソファから落ちてケガしそう。

image

初日は、寂しいのか、夜鳴きが続き、

夜中は、箱の前で、一緒に寝てあげ

たものでした・・・

image
image

image

ライオンのティッシュケース
は、結構気に入っていたよ
うに見えたんだけど・・・
仲良くは見えない?
確かに・・・

 

まッ、最後はベタベタの
ボロボロに・・・とお決まり
のご臨終。