ハリー姫の館

もらったものは、私の物

image

だから、私のだって!

image

ワタシの好物のひとつが、このソーセージ。
保存食みたいにして、ご主人さまがくれるのです。

image

でもご主人さまは意地悪で、時々「やっぱり返し
て」と盗ろうとするので、気をぬけません。

image

だからこんな風に、お口の下に隠して、
知らないふりして・・・・

image

でも視線があうと、ドキッとして

image

これは私のモノよ!
ちょっと見えてるのは内緒。

image

心配だから、時々くわえて・・・

image

まわりに注意して、あ~心配。

image

これで安心と、お口の下に・・・

image

でも心配だから、くわえて寝ようと
思うのだけど・・・

image

やっぱり心配。
(この非常食のお陰で、二日間は
楽しめます・・・ご主人談)

 

仕切り線

思い出

このソーセージで, よく遊びました。(笑)
誰に教えてもらった訳でもなく、「モノを隠す」
というのは本能で知っていたのか?

けど、その本能が、ちょっとユル~い。
まず、見えてるし、隠したところから、心配
なのか、離れないから、すぐに判った。

そのうえ、ソーセージをくわえながら、コラッ
とほえた拍子に、ソーセージに歯で穴が開くと、
がまん出来ずにすぐ食べてたなぁ。

image