ハリー姫の館

ビーグルハリーのシャンプー

image

「お風呂ってイイわよね~」

世間のお友達はどうか知らないけれど、
私はお風呂が大好きなの。
とくに湯船に入ってると、日頃の疲れが
とれて、気持ちいい・・・(ホンマかいな?)

でもうちのご主人様は、
「もうそろそろ風呂入れようか・・・」
なんて、洗濯物のように言って、
それも残り湯にいれるのです。(^_^;)
そんなバスタイムのシャンプーが・・・

「シャンプーが売ってない!」

私のお気に入りのシャンプーはコレ!(シャンプー&リンス)
子供の頃から使っているので、もう6年間も。
でも1年ほど前に、いつものShopの店頭から消えた!
聞いたところでは、代理店が販売中止にしたそうな・・・

買置きがあったので、1年間は大丈夫だったけど、
後が・・・。で、ご主人様達が探して、直接アメリカの
代理店を発見してくれた。それも輸入の雑費を足しても
1本が1,000円程度で買えたと喜んでいた。
(今までは、1,600円くらいしたらしい・・・)
「それでも、自分のより高い!」と、一言多いのが心が狭い!

image

「私の入浴シーンを初公開!」 (誰も見たないて?)

image image image

やっぱり、このシャンプー!ふぅー

何?早よあがれって?

もう少し、ゆっくりしたいな~

image

「さあ、これからイヤな時ダ~」

ゆっくりとお風呂にはいっているのは好き
だけど、後の体フキフキが大嫌い!
いつも逃げ惑う私を捕まえて、バスタオルと
ドライヤーで・・・・(アレ~助けて)

嫌がる私をなだめるために、ご主人様
はビーフジャーキーを見せつけながら、
乾かすという汚い手段で・・・
でもその手に簡単にのってしまう私の
サガも悲しい・・・ググッ

「こんなに買って、どうするの?」

結局、このシャンプーが手にはいったお陰で、
私の毛の柔らかさとツヤは安泰!

でもご主人達は、どうせだからと1ダースも買った
らしい。「これだとハリーが死ぬまでもつな~」と
物騒なことを言ってる。

「それにしても、高いシャンプーやな~」と、
またまた一言多い。

image

 

仕切り線

思い出

ともかく、嫌がりましたナ。風呂上りのドライヤー。
ひどいときには、ドボドボのままでリビングに逃走。
そのうえ、ソファの上で仰向きになってゴシゴシと
背中をコスってやがる。コラコラ~!

風呂上りのドライヤーのコツは、知らない間に
乾いとったがな~ってなるように、どれだけ
気をそらせられるか・・・
色々試したけど、アンタはやっぱり食い物でした。

image

image

実は、ハリーはカナヅチでした。
風呂場で何度も練習させたのだけど、
手足をバタバタさせながら、沈む…

それからは、怖がって、ずっと浴槽の
ふちにしっかりつかまって、移動…

アンタは、初心者のスケーターか。